モデル風美女が輪姦で中出し

モデル風美女が輪姦で中出し

モデル風美女が輪姦で中出し

アタシは天然むすめさんのオチンチンを握りながら後ろにいる入会さんを見ました。ローションでヌルヌルの、でも勃起して血管が浮き出している天然むすめさんのオチンチンを手のひらで感じながら、お尻の穴にオチンチンを欲しがりました。「じゃあ、このカメラ見て懇願しろよ・・このアナルマンコを拡張したのは誰だっけ?」いつの間にか入会さんがビデオカメラを持っていました。「はぁ・・入会さん・・入会さんにアナルを広げてもらったんです・・アタシのアナルオマンコ・・ああっ・・」「このアナルはチンポ用だよな?」「・・はい・・オチンチン用・・生で入れてもらう用のアナルオマンコ・・です・・ああん・・早く欲しい・・欲しいです・・んあん・・」カメラのレンズがアタシの顔の前にありました。「あはは、このビデオを見た男がさ、お前のアナルに入れたいって言ったらどうするんだっけ?」「あう・・はぁ、はぁ・・入れてもらいます・・アナルが広がるように・・入れてもらいます・・」「誰でもいいんだろ?」「ああう・・誰でもいいです・・はやくお尻の穴を埋めて・・んあ・・ああん!」「あはは、ガバガバにしてやるよ・・他人に使われる予定のガバガバになったお前のアナルに、俺のチンポの味を覚え込ませてやるよ!」「はい・・あ・あ・・お願いします・・お願い・・ああぅつ!」亀頭がヌルヌルとアナルに当たって、次の瞬間、アタシのアナルはニュルゥ・・とオチンチンを吸い込みました。「はうぅ!!」一気に穴の入り口が広がった感じがして呼吸が止まり、お腹の真ん中くらいまで太い肉の塊が入ってきたのがわかりました。痛くはありませんでしたが、お腹の中が息苦しい感じでした。「同時にこっちも埋められるのが好きなんだよな!」「んぅっぅぅ!!」天然むすめさんがアタシの口にオチンチンを押し込みました。「んぐぐぅ・・」呼吸が出来なくてアタシは焦りました。この感じ・・お尻の穴と口がいっぺんに埋められる苦しさ・・体の前後から一本のオチンチンが貫いたみたいな感じと息苦しさにアタシは一気に我を失いました。「おぉ!ケツが締まる(笑)ほらっ!」お尻がオチンチンを締め付けているのが自分でもわかりました。「んぐぅうう!!」入会さんがお尻をバチン!と叩きました。「あはは、口もいい感じにヨダレが溢れてるぜ・・歯を当てるんじゃねーよ!そんなフェラ仕込んだ覚えはねーぞ!誰に間違ったフェラを教えられたんだ?あ!?俺の教えたフェラをするんだよ!こらっ!」「んぅぅう」天然むすめさんがアタシの後頭部を押さえつけました。「ぶぅぅじゅぶぅ・・んうぐう・」喉の奥までオチンチンがめり込んでいました。息が出来なくて、口の中がヨダレでいっぱいになって、ゴボゴボとヨダレが口とオチンチンの隙間から泡を吹きました。お尻の穴が苦しくて、下っ腹が一層圧迫されました。四つん這いのままの体が上下に波打っていました。苦しくて苦しくて頭が真っ白になりました。「んあはうあっぅぅぅ・・」口からオチンチンを抜かれると、ボトボトボトッ・・とヨダレが大量に溢れました。「はぁ、はぁあ・・」少しだけ目を開くと、これまでステージの下で見ていたお客さんがすぐそこにいて、その皆んながスマホやデジカメを構えてアタシを撮っていました。「尚美、いい顔撮ってもらえよ」天然むすめさんが髪の毛をつかんでアタシの顔をお客さんのカメラの前に突き出しました。「思い出すんだよ、俺がお前に仕込んだことを・・こうやって撮られたビデオを見ながらマワされたこと・・お前の人生が狂うくらいのセックスを思い出せ」口から垂れるヨダレが止まりませんでした。「はっ・・はっ・・あ・・」アタシはもう言葉に出来ませんでした。頭が本当に真っ白になりました。「あ、あ・・もっと・・もっと・・ください・・いいぅ!!いいっう!!」そのあとアタシはしばらくの間の記憶がはっきりしないんです。・・入会さんがアタシのお尻を何度も何度も叩きながらオチンチンを出し入れしてて、最期はアナルに中出ししたこと・・その精液が漏れるアナルを自分の手で左右に開きながらお客さんが撮影してたこと・・そのあと、天然むすめさんに仰向けにされて顔や乳房を踏まれて・・Wさんの足指をフェラして・・天然むすめさんの玉袋とアナルをしゃぶらされて、それも撮られて、アタシは『美味しい』と言わされて・・結局、天然むすめさんを何度もイラマして・・Wさんを口で奉仕しながら、天然むすめさんにオマンコに中出しされたこと・・断片的に覚えているだけでした。時々、お客さんの持つスマホがアタシの顔の前にありました。「あはは、すげ−!」「本当にチンポ中毒者の顔だな」「うわぁ、こんなの見たことないヨォ」「ケツの穴からザーメン垂らしてる」「この女、マジで終わってるな」お客さんの言葉が聞こえていました。「尚美、喉渇いたろ?」天然むすめさんを掃除フェラしたあと、アタシは顔に水をかけられました。「はぁ・・はぁ・・はぁ・・」息を整えるので精一杯でした。意識は少しはっきりしてきました。「最後は俺だな」それから、Wさんとセックスしました。お客さんがアタシとWさんを囲んでいる真ん中で何度も対位を変えながらセックスしました。Wさんはアタシの口に唾を吐き、アタシの胸を力一杯握り、乳首を噛み、お尻を叩き、さっき射精した天然むすめさんをフェラさせ、お客さんの前にあえぐアタシの顔を突き出してカメラで撮らせて・・オチンチンを抜いてマンぐり返しでオマンコを指でほじって噴かせて、そしてまたオマンコにオチンチンを入れて・・挿入されて喜ぶアタシをお客さんに晒しながら何度も何度もピストンしていました。「尚美、出すぞ!」「はっ・・はひ・・ああぅ・・だめ・・だめ・・いぐぅぅ!!!」この時、Wさんの精液が膣の中に出されたことはうっすら感じました。でも、それ以上に全身がイッテしまっていて、もう何がなんだかわからなくなっていました。記憶がトブくらいのセックス、そんなセックスに心底溺れたのは、多分、この時が初めてだったと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ