天然むすめのフェラチオとクンニの無修正動画その2

天然むすめのフェラチオとクンニの無修正動画その2

天然むすめのフェラチオとクンニの無修正動画その2

だって自分の恥ずかしい姿がスマホとは言え残るんです、そのデータが悪用されたりしたことを考えたら、誰だってイヤだとおもいます。でも、カスミちゃんもアタシもそれをOKしました。「天然むすめがフェラするところ、じっくり撮るからさ、ゆっくりしゃぶれよ、ゆっくりな(笑)」「はい・・」アタシはゴールドさんの股間に顔を近づけました。そして半立ちでピクピクするオチンチンに頬を摺り寄せました。「いいねぇ、天然むすめ、それはチンポを愛してる感じが出てるよ(笑)」スマホで撮ってるプラチナさんがニタニタしました。「ん・・そうですか・・ん、オチンチンあったかい・・ピクピクしてる・・」アタシはオチンチンを顔に近づけて、わざといやらしいことを言いました。そして寝ているオチンチンに唇をひっかけてからパクっと亀頭を中程まで咥えてからオチンチンを持ち上げて全体を咥えました。「お、いいねぇ、天然むすめの口だけテク(笑)」「ん・・・」アタシはオチンチンが痛くないように口の中で意識してヨダレを貯め、オチンチンに塗り伸ばすように口を動かしました。舌を使って竿を包むようにしたり、唇でカリを吸ったりしてあげました。左手で袋を下から包むように揉み、右手で竿の根元を優しく扱きながら亀頭を中心に舌を絡めました。「いいか、そのまま口にいれたままこっち見ろ」「・・・」アタシは言われた通りに上目遣いでお客さんを見つめました。その顔はすごく喜んで見えました。「おー、気持ちいいわぁ・・天然むすめ、その状態でも口の中で舌使うんだな、いいテクだぜ」「ん・・」アタシは口の中で膨らんでいるオチンチンにできるだけ舌を絡めるように動かしました。少しだけ吸い込みながら舌を竿に押し付けたりしました。唇に当たるオチンチンの根元の方がドクンドクンしました。「天然むすめ、お前のフェラテクすげーな。マジでいいわ。俺、お前みたいな女欲しいよ(笑)」「俺も欲しいわぁ(笑)いつでもフェラしてくれる女。」「・・・」お客さんたちがそんなことを言っているのが聞こえました。口の隙間からヨダレが溢れてる気がしました。「あー、気持ちいい、天然むすめの口(笑)」そんなアタシのフェラをプラチナさんは全部撮っていました。アタシはスマホのレンズを見ながらオチンチンをゆっくりとフェラしました。「はぁ、はあ・・あん・・硬くなったぁ・・」アタシは口からオチンチンを出して手で竿をの根元をつかみました。プラチナさんのオチンチンはアタシのヨダレでぐちょぐちょでした。アタシがヨダレをオチンチンに塗りこむようにシコシコしてあげると、手のひらの中でオチンチンはドクンドクンしているのがわかりました。「天然むすめ、チンポのシワを伸ばしながら舐めてみて」「はい・・・こういうとこですね・・・ここ?」アタシはヨダレでヌチャヌチャのオチンチンのシワを指で伸ばし、そこに舌を這わせました。「今度、カリの下に舌這わせて」「はい・・こうですね・・ああん、ここすっごい硬い・・つるつるしてる・・」プラチナさんの構えるスマホを見つめながら、アタシは竿の根元を握ってオチンチンを垂直にしてカリに舌を絡めました。「ヨダレ垂らしてしごいてよ」「はい・・んー・・ああん・・唾でオチンチンべちょべちょになっちゃった・・こうやって濡らして扱くと気持ちいいですか?」アタシは出来るだけお客さんの言う通りにしゃぶりました。再び、袋を揉みながら竿の根元を扱き、根元にキスして唇で吸って、竿を扱きながら袋をパクっと口の中に入れてみたり、カリの裏側を舌でちろちろしたり、竿に浮いた血管を舌でなぞったりしました。アタシは自分のフェラチオで気持ちよさそうにしてくれるお客さんたちを見ていると、すごく嬉しくて、すごくエッチになれました。


ホーム RSS購読 サイトマップ