天然むすめに1000人斬りセックス無修正動画その2

天然むすめに1000人斬りセックス無修正動画その2

天然むすめに1000人斬りセックス無修正動画その2

「天然むすめ、どうした、お願いしてからいつもみたいにしゃぶってくれよ」こういう言葉はアタシのM性を刺激していました。「はあん・・オチンチン、咥えさせてください・・」「届いてないぞ?もっと口開けて舌伸ばせ」「ん・・はひ・・」アタシは口を開いて舌を伸ばしました。「はぁ、はぁ・・」と息が荒くなりました。開いた口からヨダレが垂れているのが自分でもわかりました。全裸四つん這いでオチンチンを口に入れて欲しがるアタシ自身の姿を想像すると物凄くいやらしい気持ちになれました。「あはは、天然むすめ、犬みたいだぞ(笑)、どうだ?チンポ欲しいか?」「はぁ、はあ・・はひ・・オチンチン・・くらさい・・」「ここに欲しいんか?あ?」「ああん・うぅ・・」1000人斬りさんはアタシの伸ばした舌の上をオチンチンでペチペチと叩きました。「はぁ、はぁ・・」アタシはさっきよりも息が荒くなってて、本当に犬みたいでした。1000人斬りさんがオチンチンをアタシの顔に擦り付けました。熱くて固くて血管がボコボコしてる黒いオチンチンでした。「じゃあ、咥えろ。」「はぁ、はぁ・・はひ・・んぅ・・んぅぅ・」アタシは口だけでオチンチンを咥えました。口を大きく開いて舌の上にカリの裏側を載せるようにしながら上唇を亀頭に被せて口の中にオチンチンを入れました。「そうそう、舌でゆっくりと味わえよ(笑)」「ん・・」アタシは口の中のオチンチンの感触を味合うように咥え、口の中で舌を動かしてカリのツルツルとか段差を確かめました。舌を絡めるとオチンチンのボコボコした血管を感じました。「こっちもいいことになってんねぇ、ほら、天然むすめ、脚を開いて」「ん・・う・・」アタシは四つん這いでオチンチンを咥えたまま脚を開きました。内股はすでにびっちょりと濡れているのが自分でもわかりました。「天然むすめ、マンコからヨダレ垂れてるぞ(笑)」「ん・・ん・」アタシは口からオチンチンを離すことが出来なくて答えられませんでした。オマンコが熱くなっていました。「じゃあ、ここからエグゼクティブな俺たちしか楽しめないことをやらせてもらうかな(笑)」「んーーー」お客さんのゴツゴツした手がアタシのお尻を撫でました。「ここは今日は使わないんだっけ」「んっ!」指がお尻の穴を撫でました。「今日はこっちだな・・」「んぅーーー!」お尻の割れ目からオマンコに向かって指が動いて、オマンコの割れ目に指がススッ・・と食い込みました。「いつもはここまではっきりと見られないしな・・天然むすめはフェラだけですげー濡れるけど、いつもは確認できないしな。今日は天然むすめのマンコ、たっぷりと堪能させてもらおう(笑)」「ん、ん・・」1000人斬りさんがアタシの頭を押さえているのでイラマは続いていてアタシは抵抗できませんでした。「ん・・んっ!んっ!!んっーー!!」ヌルヌルとオマンコの入り口近辺を指が這い回っていたと思ったら一気にニュルッ!とオマンコの中に指が入ってきました。「あれ、入っちゃったよ(笑)」「はやいなぁ、もっと焦らせばいいじゃん」「いや、だってさ、こんなに濡れてるからつい(笑)」アタシのオマンコを覗き込みながらゴールドさんと新規会員さんが笑っているのが聞こえました。「ほほぉ、このマンコかぁ、天然むすめ」「俺も入れてみるかな・・お、おりょ?簡単に入るなぁ、このマンコ・・」「んっーー!!」二人が同時にアタシのオマンコに指を入れたみたいでした。


ホーム RSS購読 サイトマップ