天然むすめでフェラチオのの後中出し無修正動画

天然むすめでフェラチオの後中出し無修正動画

天然むすめでフェラチオのの後中出し無修正動画

「はぁ!ああっ!」次の瞬間、ビュルッと熱い液体が天然むすめの口元にかかりました。『熱いぃ・・』と思いました。天然むすめは口を大きく開いて白い液体をこぼさないように亀頭を咥えました。でも、亀頭が大きすぎて半分くらいまでしか入らなくて、それでも溢れてくる精液は止まらずに天然むすめの口の中、口の周りにドピュドピュとかかり続けました。「あうふぅ・・あふっ!」「お!出た!」「すげー量(笑)」「あは、さっき出したのにこんなに出るんですかー(笑)」「はう・・あう・・あふぅ・・」天然むすめは呼吸ができませんでした。口に入りきらなかった精子が、天然むすめの鼻にも飛び散っていました。「はう・・」「天然むすめ、口に入れろ!」プラチナさんが天然むすめの頭を鷲掴みしました。「はうぅぅ・・んう・・」天然むすめは亀頭を再び口に入れました。口の中が亀頭だけでいっぱいになりました。天然むすめは精液が止まるまで我慢して、口の中の亀頭を吸いました。「んぅ・・ん・・」いつもよりも強く吸いました。「おぉ、天然むすめ、それ良すぎる(笑)」プラチナさんは天然むすめの頭を押さえていました。天然むすめは射精しても固いままでビクンビクンするオチンチンを口で感じていました。「ん・・んはぁ・・はぁ・・」天然むすめは口の中からオチンチンを出しました。最後の一滴まで吸い取る気持ちで掃除フェラしました。大きく張ったカリに付着した精液を舌で舐めとりながらチュポッと音がするくらい吸っていました。「おー、良かったわ、天然むすめ」天然むすめは体がガクガクしてソファーに横倒しになりました。「あーん、天然むすめちゃん、エロいー」Vプリカちゃんが精液塗れの天然むすめを写メしていました。「はぁ、はぁ・・」もう何も言えませんでした。頭が朦朧としていました。腰がヒクヒク動いてしまいました。意識とは関係なく、オマンコがビクビクしていて、オチンチンを抜いたのに未だにオチンチンが突き刺さっている感覚がありました。1対1のセックスでこんなに感じたのはあまり覚えがありませんでした。それくらいのセックスでした。プラチナさんの精子は粘っこくて、飲み込む時に天然むすめの喉に絡みつきました。口の中に残ってる精子も粘っこくて、その粘っこさの余韻がまた天然むすめを気持良くしました。天然むすめはただこのセックスのあとの気持良さに頭をボーッとさせてるしかできませんでした。
「いやー、今日は良かったわ。Vプリカ、お前も良かったし、天然むすめも良かったわ。」「天然むすめとは初めてセックスしたけど、こいつのマンコはいいな。」「あぁ、俺のチンポをズッポリ咥えたマンコはVプリカ以来だな」「ん?それ天然むすめは褒められてんの?(笑)」Vプリカちゃんの声がしました。「でもまぁ、確かにその怪獣みたいなチンポ、ほとんどの女の子は痛がるもんねぇ(笑)」「怪獣言うなよ、Vプリカ(笑)」天然むすめはみんなの会話が耳に入っていましたが、体は動きませんでした。「天然むすめ、結構経験あるだろ?これだけマンコが強いってことはそれなりに経験してないと無理だろ?」「まぁ、確かに俺たち3人とやったあとにあの化け物チンポだもんな(笑)」「化け物言うんじゃねーよ(笑)」お客さんたちは順番にお店に備え付けのシャワーに行きました。「はい、天然むすめちゃん」Vプリカちゃんが天然むすめに水をくれました。天然むすめはそれを飲んで、やっと少し動けるようになりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ