天然むすめで素人若妻がテコキで射精の無修正動画

天然むすめで素人若妻がテコキで射精の無修正動画

天然むすめで素人若妻がテコキで射精の無修正動画

「素人ちゃん、どうしたん、こんなところで。ずぶ濡れやんか」
「急に雨降ってきたから・・・」
「可哀想に。今開けるから、中へ入り」

 

 

僕は学校の帰り道、ひどい雷と降雨に合い、竹薮の中にある農作業小
屋の軒下で雨宿りをします。
そこへ通りかかったのがこの農作業小屋の持ち主である佐吉さんの奥
さんの天然むすめさんでした。
天然むすめさんは小屋の引き戸の錠前を開け僕を中に入れてくれます。

 

 

「さあ、早よ上へ上がって、シャツ脱いで・・・夏でも、風邪引くで」
「うん」
「おばちゃんも、田んぼにおったら、突然、雨と雷やろ。びっくりした」

 

 

天然むすめさんは言いながら頭に被った手ぬぐいを取り、雨で濡れた顔を
拭き僕にタオルを渡してくれます。
僕は天然むすめさんがタオルを取るとき濡れた背中にくっきりとブラジャー
の線が映っているのが見え、股間に違和感を感じます。
天然むすめさんの言うとおりシャツを脱ぎ、華奢な身体と頭や顔を拭いてい
ると天然むすめさんは僕のびしょ濡れの半ズボンに目をやり、これも濡れて
いると言って下げはじめます。
股間に違和感を感じている僕は咄嗟にベルトに手をやり俯きます。

 

 

「恥ずかしがらんと。濡れたままやったら”ちんちん”も風邪引くし」
「そやけど・・・」
「いやぁー、パンツまで雨通ってるし。パンツも脱いで」
「おばちゃん・・・あかんて・・・」
「いやぁー、素人ちゃんのちんちん、かわいい。ちょっと立ってる!」

 

 

僕がパンツの前を押さえる間もなく天然むすめさんはパンツを引き下げ、小
学生ながらも固くなっているペニスを見て驚きますが、まるで何事もな
いようにペニスを上下左右に動かし、縮んでいる陰嚢をタオルで拭いて
いきます。

 

 

「小学生やのに固いなあ。毛も生えてないし。剥けてないし」
「・・・」
「まだ肌色やし、ツルツルやん。そやけど、ちょっとおしっこ臭いわ」
「・・・」
「おばちゃんが綺麗にしたるから、そこに寝てみ」

 

 

僕は天然むすめさんの言うがまま、毛布を敷いてもらい仰向けになります。
これから何をされるのかという不安もあり、今まで固かったペニスがだ
んだん萎んでいきます。
けれどタオルで拭いてもらっている時に感じられなかった感触が天然むすめ
さんの素手で触れられることで再び固くなるのです。
天然むすめさんは亀頭に被さる皮を丁寧にゆっくり下ろしていき、包皮の裏
側や亀頭の下につく白いカスを剥がしていきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ