天然むすめで素人OLがテコキとフェラチオで射精の無修正動画

天然むすめで素人OLがテコキとフェラチオで射精の無修正動画

天然むすめで素人OLがテコキとフェラチオで射精の無修正動画

「素人ちゃん、ええわ。おばちゃん変な気分や」
「・・・」
「濡れてるわ」
「????・・・・雨か?」
「ちがうんよ・・ハアーッ・・・、け、素人ちゃんもっと吸うて」
「お、おばちゃん、苦しいんか?」
「気持ちええねん・・・」

 

 

天然むすめさんはさっき穿き替えたパンティの股間をさすり、”ハアーッ”
という声を出しながら目を瞑り腰をくねらせ、やがて仰向けになり僕
に上から両方の乳房と乳首を舐めるように言います。
僕は天然むすめさんの横に四つんばいになり天然むすめさんの言うがままに、
乳房を揉み乳首を交互に舐めていきます。
華奢でガリガリな小学生の僕が肉感的なおとなの天然むすめさんの乳房に
吸いつき、毛も生えていない陰部を丸出しにし包茎のペニスを勃起さ
ている情景はどこか異常な光景です。

 

 

「おばちゃんにちんちん舐めてもろたこと、誰にも言うたらあかんで」
「う、うん、言わへんし」
「言わへんかったら、今度はもっとええもん見せたるさかい」
「もっとええもん・・って、何?」
「あさって、またここにおいで。来たらわかる」
「うん、わかった」

 

 

不意の雨宿りで僕は天然むすめさんというおばちゃんにペニスを舐めてもら
い、天然むすめさんの乳房や乳首を吸い、思春期の入り口で性に目覚めてい
く自分を自覚します。

 

もっと良いものを見せてあげるって何を見せてくれるのか、少しどきど
きしながらそして不安も抱えながら竹薮の中の農道を行きます。
たまたま雨宿りをした農作業小屋で天然むすめさんは僕のちんちんを舐め僕
は天然むすめさんのおっぱいを吸うという出来事に天然むすめさんに誰にも言う
なと念を押され、それが良くないことだということは僕にも何となく分
かります。

 

 

「素人ちゃん、よう来たなあ。誰とも会わんかったか?」
「うん。誰もおらんかった」
「そうか、それやったらええわ」
「おばちゃん、今日もちんちん舐めてくれるんか」
「舐めて欲しいから来たんやろ」
「うん。それと・・・ええもん見せたるいうたさかいに・・・」
「その代わり、おばちゃんの言うことは何でもきかなあかんで」
「うん、何でもきくし・・・」
「そうか。ほな、ちんちん出し」

 

 

天然むすめさんは僕を立たせると一気に半ズボンもパンツも下ろし、僕のぺ
ニスを露出させ手のひらで撫で回し、まん丸の陰嚢を摩ります。
ペニスはあっという間に固くなり、気持ちのいい感覚が僕を支配します。
勃起と言う言葉を知らない僕は”ピンコ立ち”になったペニスの先に被る
皮をゆっくり剥いていく天然むすめさんを眺めます。
天然むすめさんはペニスについている白いカスを相変わらず臭そうな表情を
して指で取り、やがてパクッと口に咥え上向きに僕を見つめます。
僕は天然むすめさんと目が合い、何ともいえない恥ずかしさを覚えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ