天然むすめと1000人斬りの生ハメセックス動画

天然むすめと1000人斬りの生ハメセックス動画

天然むすめと1000人斬りの生ハメセックス動画

「ほら、立て」1000人斬りさんは天然むすめを立たせました。そして正面で向き合って何度もキスをしました。天然むすめは1000人斬りさんのオチンチンを両手で扱きながら、1000人斬りさんは天然むすめのオマンコに指をいれたままでした。膝がガクガクしていましたが、指の動きも痛くなくてスムーズで気持ち良く、中の気持ちいいところとか奥にグイッって入ってきてそれも気持ち良く感じました。握っているオチンチンはすごく硬くて、天然むすめはオチンチンを握ったままオマンコを指でほじられてイっちゃいそうでした。「尚美、こういうのやったことあるか?・・ほら、脚広げてあげてみろ」「・・あん・・え・・あぁ・・」天然むすめは片脚を持ち上げられました。そして天然むすめは1000人斬りさんの首に腕をかけてぶら下がる形になった瞬間、「正面から打ち込んでやるからな」と言われて広げられた脚の間からオマンコにあのおっきいオチンチンが減り込んで来ました。「あああっ!!!ああっーーー!!」としか声が出ませんでした。オマンコから頭の先までオチンチンが貫いた気がしました。入り口が一瞬で広げられて亀頭がめり込み、一気に膣内を埋めました。「こういう正面で立ちマン、どうだ?あ?」「あんっ!あんっ!!すごいっ!!ああっ!!うぅーー!ああんっ!!おおきいっ!!!」天然むすめはもうそれしか言えませんでした。正面で向き合ったまま立ちマンなんてあまりやったことなくて、ドキドキしながら天然むすめは頭が真っ白になっていました。正面から立ったまま入ってきたのに、中の奥まで届いちゃいそうな大きさでした。そして、1000人斬りさんのゴツゴツした大きな手が天然むすめの背中をガッシリ支えてくれて、その太い腕がすごい安心感があって体を預けることができて、天然むすめの体を軽々持ち上げて立ちマンする1000人斬りさんにもう全てを任せてしまっていました。「尚美、すげー良さそうな顔してんなぁ」「俺たちのセックス、忘れてたんじゃねーの?」お客さんは笑っていました。「尚美のマンコ、スルッと入ったからゆるいかと思ったら、そうじゃねーな・・入り口も中もちゃんと締まるな・・お、いいわぁ、尚美のマンコ・・あ、そういえばゴムつけてねーや(笑)」「あはは、そういえば(笑)」「尚美、どうすんだ?生だぞー!」「あんっ!あんっ!ああっ!!」天然むすめは何も答えられなくなっていました。生で入っていることも気にならないくらい気持ち良く天然むすめは抱かれていたんです。
 そのあと、天然むすめは子供におしっこさせるときみたいにM字に脚を開かれたまま後ろ(下?)からオチンチンをオマンコに入れられました。これは初めての体位でした「じゃあ、尚美、マンコがチンポを食べてるところ、みんなに見てもらおうな(笑)」「ああ、・・ああっ!・・」1000人斬りさんは天然むすめを持ち上げて、お客さんにオマンコを見せつけるように歩き回りました。天然むすめのオマンコに1000人斬りさんのオチンチンが入っているのは丸見えでした。「ほら、ちゃんと見てもらえよ!」「ああんっ!!」「自分で言えよ『マンコ見てっ』て」「はぁ、はあっ!!ああ、オマンコ見てください・・オチンチン、入ってる天然むすめのオマンコ、見てくださいッ!いいっ!!ああん!」お客さんの顔の真ん前に天然むすめのオマンコが晒されていました。「ああぁ、すごい・・ああんっ!」「おほっ!すげーズッポリ(笑)」「あはは、俺、写メしよー、尚美、こっち見てピースしてよ!」「ああんっ!!ああっ!はぁ!!」天然むすめは言われた通りにオチンチンが入ったままのオマンコをスマホの前に晒したままピースサインをしました。


ホーム RSS購読 サイトマップ