天然むすめとガチん娘のダブルフェラチオ動画

天然むすめとガチん娘のダブルフェラチオ動画

天然むすめとガチん娘のダブルフェラチオ動画

お客さんが天然むすめのフェラで喜んでくれるのはすごく嬉しいことでした。相手が誰であれ、天然むすめのフェラは気持ちよくなってもらえることが分かるからです。「俺のもやってよ、我慢できん(笑)」ガチん娘さんがエッチな4610さんの隣に座ったので、天然むすめはエッチな4610さんのオチンチンを握ったままガチん娘さんのオチンチンを口に咥えました。口に残るエッチな4610さんのオチンチンの感覚と違うガチん娘さんのオチンチンを感じました。その間、新会員さんはカスミちゃんの胸でパイズリしてもらっていました。天然むすめは四つん這いのまま口を開いて舌を出すように言われました。「はひ・これれ・・いいれすか・・」舌を伸ばしているだけでヨダレが垂れてきました。「じゃあ、まずは俺からね・・お、いいねぇ・・」天然むすめの口にガチん娘さんのオチンチンが入ってきました。口の中はすぐにいっぱいになりました。「そうそう、口の中で舌使えって・・こっち見て・・おぉ、いいわぁ」「んはあ・・はぁ、はぁ・・」「どうだった尚美?」「はぁ、はぁ・おっきかったです」「じゃあ、次はこれ咥えて」「はい・・んぐう・・んう・・」次はエッチな4610さんのオチンチンを咥えさせれらました。「んっ・・んぅ・・」オマンコに指を入れられて穿られると体は無意識で反応してしまっていまいた。「おぉ、尚美の口、いいわぁ・・口ん中、ヨダレでぐちょぐちょだぜ・・どうだった尚美?」「はぁ、はあ・・固かったです・・」「じゃあ、今度はこれだ」「はい・ん・・ん・・」3本目はもう一人のエッチな4610さんでした。さっきまでの2本と違う感覚、オチンチンは一人一人長さも硬さも太さも違ってて、それを連続で口の中に入れると嫌が応でも興奮していました。こんなに短時間に何本ものオチンチンを咥えるなんて、こういうプレイでないと経験できないことだし、実際に天然むすめがこういうことをやってると、この状況だけで体は疼き、気持ちは従属したくなってきます。「はぁ、はぁ・・あん・・おっきかったです・・・」「じゃあ、4本目ね・・尚美、ほら口開いてお願いしてみて」「はぁ、はひ・・天然むすめのお口にオチンチン、入れてみてください・・・ああん・・お願いします・・」「よし、じゃあ・・おぉ、いいねぇ・・口の中がすっかり熱くなってるわ(笑)」4本目は初めて咥える新規さんのオチンチンでした。チラッと横目でカスミちゃんを見ると、カスミちゃんはガチん娘さんと抱き合うようにキスしたり愛撫しあいながら、こっちをみていました。「尚美ちゃん、すごくやらしいんだぁ・・4本も代わり番こにしゃぶってて(笑)」「あぁ、ほんとだな、尚美、お前の口は誰のチンポでもしゃぶるんだな」「あは、そんなこと言って、本当は私じゃなくて尚美ちゃんにしゃぶってもらいたいんじゃない?」「何言ってんだ、カスミ、お前妬いてるのか?(笑)」「んふ、じゃあ、天然むすめがこっちのは独占しちゃおう」そう言うとカスミちゃんはガチん娘さんにさらに深く抱きついて舌を絡めてキスをしていました。天然むすめのオマンコをいじっているガチん娘さんが言いました。「恋人同士みたいだな(笑)こっちはAVみたいだけどさ(笑)な?尚美?」「ん・・んぅ・・」新規さんが天然むすめの髪を掴んでイラマさせていたので、天然むすめは何も答えられませんでした。でも、天然むすめはこの連続フェラが気持ちよくなっていました。4本の生オチンチンを代わり番こにフェラさせられる・・まるでAV女優さんみたいですごく興奮したんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ