天然むすめのフェラチオとクンニの無修正動画

天然むすめのフェラチオとクンニの無修正動画

天然むすめのフェラチオとクンニの無修正動画

テーブルの上で全裸になって四つん這いのまま目の前のオチンチンを口だけでフェラしているアタシのオマンコに、長さも形も違う男の人の指が代わりばんこに出し入れされてる感じがありました。「マンコ、ヌルヌルだから出し入れが簡単だなぁ(笑)」「天然むすめのマンコ、綺麗だなぁ・・外は黒ずんでるけど、一枚めくればまだ赤いもんな・・入り口も綺麗な形してるわぁ・・指が引っかからないもんな、これ」アタシは、こういう『好き勝手に弄ばれる』シチュエーションってすごく興奮します。男の人がアタシの体で勝手に自分の性欲を満たそうとしている行為です。「ん・・んぅ・・」アタシの口からはヨダレがあふれていました。口の中のオチンチンは口から出すことを許されず、ヨダレと我慢汁が口の中でぐちょぐちょになっていました。そんな状態のまま四つん這いで二人の人にオマンコを穿られて、観察されているんです、ものすごくエッチな気分が盛り上がっていました。「もう1本入れてみるか・・お、入った・・おぉ、3本は余裕だなぁ・・まだ広がるかな・・うーん・・太いチンポでも入るなぁ、これ・・天然むすめ、このマンコで彼氏のこといつもイかせてんか?」アタシのオマンコは男の人の指3本でもヌルヌル入るくらいに広がっていました。「あうあぅう・・ふぅぅ・・はあぁ、はぁ・・」アタシはやっと口からオチンチンを抜いてもらいました。「ほら、聞かれてんぞ?」「はぁ、はぁ・・はい・・そうです・・」「ん?何がそうなんだっけ?」「・・はぁ、はぁ・・このオマンコで・・彼氏に気持ち良くなってもらってます・・」「あはは、よーし!良く言えたっ!もう一回ご褒美やるからな、ほら口開けっ!」「はぁ、ありが・・んぐ・ん・・」アタシは3人の人に前後から犯されてる感じがしていました。「ちょっとぉ、天然むすめちゃん、気持ちよさそうじゃないの?」カスミちゃんの声がしました。「天然むすめちゃん、こっち見られる?」アタシは声がした方を目だけで見ました。そこには、ブラを外したカスミちゃんが床に膝立ちしてプラチナさんをパイズリしていました。「カスミ、お前、天然むすめがパイズリできないからって見せつけてんの?(笑)」「違うわよぉ(笑)私、天然むすめちゃんが責められるの見るの大好きなのぉ(笑)」「あはは、何言ってんのカスミ(笑)お前、そっちの気あったけ?」「だって、本当なんだもん、私にオチンチンあったら、天然むすめちゃんのオマンコ、壊れるくらいぐちょぐちょにしちゃうよ!」カスミちゃんとプラチナさんたちはそんなことを話していました。ここにいる誰もがこの状況を普通のように楽しんでいました。フェラさせて、パイズリさせて、オマンコを指で弄んでいるこの部屋・・アタシ自身も状況に飲まれるようにおとなしく従っていることしかできませんでした。「天然むすめのマンコ、もう熟しきってるね(笑)」「俺も舐めて欲しいんだけど」「おう、じゃあ変わるか」アタシのフェラする人が交代しました。アタシは四つん這いのオマンコいじりから解放されて、少し体が楽になりました。四つん這いで首を持ち上げてのフェラはすごく疲れるんです。今度はソファーに座ったゴールドさんのオチンチンをフェラすることになりました。「天然むすめ、ちょっと待て」「・・はい」プラチナさんはスマホを取り出しました。このエグゼクティブコースは写メが許されているんです。普通はスマホとかはボーイさんに預けるのですが、プラチナさんでエグゼクティブを使うお客さんのみカメラが許されるんです。これが理由で、このエグゼクティブをやりたくない女の子は多いと聞きました。


ホーム RSS購読 サイトマップ