天然むすめに1000人斬りセックス無修正動画

天然むすめに1000人斬りセックス無修正動画

天然むすめに1000人斬りセックス無修正動画

「キス、気持ちいいのか?」「あん・ん・・気持ちいいです・・男の人の舌の感触、すごく感じます・・こういうキス、好きなんです・・はぁ・・ん・・」アタシはゴールドさんとのキスにうっとりしていました。体を撫でられながら抱きつきながらキスするのはすごく自分でも心地よいことでした。「天然むすめちゃん、恋人同士みたいなキスだよぉ(笑)」アタシのキスをみていた隣のカスミちゃんが笑いました。「あん・・だって・・」「天然むすめは彼氏いたよな?」「・・はい、いますよ・・ん・・」ネチャネチャと音を立てながらアタシはキスを止めませんでした。「あはは、じゃあ寝取りだな、これは」「ん・・まだ寝てないですよ・・」「そうか、でも今日はハメハメだろ?(笑)」アタシの胸を揉みながら首筋にキスをしていた1000人斬りさんが言いました。「あん・・んー・・ん・・」アタシはこの状況がすごく好きでした。ドキドキしたし、何よりも気持ちよくて体がすごく反応しました。「天然むすめ、マンコからすげー出てないか?」「あん・・だってぇ・・」ゴールドさんはアタシのオマンコを指で軽く撫でました。自分でもヌルッとした感覚がありました。「あんっ!・・まだ、ダメですヨォ・・」「彼氏に悪いなぁ、天然むすめの可愛いマンコ、今日は俺たちのチンポでかき混ぜちゃうぜ」ゴールドさんの指がオマンコの割れ目に少し食い込んできました。「あん・・そんなこと言わないでください・・もっとキスしましょ・・ね?」アタシはオマンコに入っちゃいそうなゴールドさんの手を押さえて、自分からさらに深くゴールドさんの口に舌を押し込みました。「天然むすめちゃん、今日はすごく可愛いね」カスミちゃんが1000人斬りさんと話しているのが聞こえました。「天然むすめとヤルの、今日が初めてだなぁ」隣の1000人斬りさんがアタシを見ていることに気づきました。「優しくしてあげてくださいね・・天然むすめちゃん、エグゼクティブの皆さんを御相手するの初めてなんですから・・」「でも、いつも通りでいいんだろ?」「うふ、いつも以上でいいですよ、天然むすめちゃんもその方が喜びますから」「あはは、そうなのか?天然むすめ?」ゴールドさんがアタシの顔に手のひらを添えながら再びオマンコに指を這わせていました。「・・あん・・聞こえてますよ・・みなさんが気持ちよくなってくれるようにしますから、今夜は・・」アタシの頭の中はもうセックスでいっぱいでした。
 「こっちで四つん這いになれよ、天然むすめ」アタシはテーブルの上で言われたように四つん這いになりました。アタシの顔はソファーに座る1000人斬りさんの方を向いて、お尻はカスミちゃんたちがいるソファーに向けられらました。「じゃあ、天然むすめのフェラテク、見せてくれよ」「・・はい」この全裸での四つん這いはものすごく恥ずかしかったです。普段の店内よりも明るいVIPルームでは、オマンコもしっかり見えてしまうことが分かっていたからです。「天然むすめ、ほら、上向いて口開けろ」「は、はい・・」四つん這いになったアタシの前に1000人斬りさんがパンツを脱いで立ちました。アタシがフェラするには頭を上げて首を伸ばさないとオチンチンには届かない距離にありました。アタシはオチンチンを強請る雌犬みたいな格好でした。


ホーム RSS購読 サイトマップ